病気やケガをしたとき
医療費が高額になったとき

高齢者の自己負担が高額になったときの限度額が設けられています(70歳~74歳)

70歳~74歳の高齢受給者が受診する場合は高齢受給者証の提出により、自己負担限度額までの負担ですむことになっています。
ただし、70歳~74歳の人が同一世帯であって、同じ医療保険の加入者であれば、1ヵ月の外来・入院などの自己負担の合計額が自己負担限度額を超えた場合などは、超えた額があとで払い戻されます。

70歳~74歳の自己負担限度額表 
平成30年8月診療分から

区 分 標準報酬 外来(個人単位) ひと月の上限額(世帯単位)
現役
並み
所得
83万円以上 252,600円+(医療費-842,000円)×1% ※[140,100円]
53万円~79万円 167,400円+(医療費-558,000円)×1% ※[93,000円]
28万円~50万円 80,100円+(医療費-267,000円)×1% ※[44,400円]
一般
所得者
26万円以下 18,000円
(年間上限144,000円)
57,600円 ※[44,400円]
低所
得者
低所得者Ⅱ
住民税非課税世帯
8,000円 24,600円
低所得者Ⅰ
(年金収入80万円以下等)
15,000円

※[ ]内は、1年間に3回以上高額療養費の支給を受けた場合の4回目からの自己負担限度額

特定疾病の治療を受けているとき

慢性腎臓疾患で人工透析を受けているときなど、特定疾病の認定を受けた場合は、70歳未満の場合と同様に、1ヵ月の自己負担限度額が10,000円となります。

手続き

提出書類:高額療養費支給申請書

医療と介護に自己負担が高額になったとき

同一世帯で医療保険と介護保険ともに自己負担がある場合で、それぞれの自己負担額を合算した額が一定額を超えた場合、超えた額が払い戻されます。