病気やケガをしたとき
はり・きゅう、あん摩・
マッサージ・指圧にかかるとき

健康保険を使用するには条件があります

当健康保険組合では、はり・きゅう、あん摩・マッサージ・指圧にかかる場合、受領委任制度を採用しています。

はり・きゅうの場合健康保険が使えます 一部自己負担 あん摩・マッサージ・指圧の場合健康保険が使えます 一部自己負担
  • 神経痛
  • リウマチ
  • 五十肩
  • 頸腕症候群
  • 腰痛症
  • 頸椎捻挫後遺症
  • ※ 慢性的な疼痛に対し、医師による適当な治療手段がなく、治療上の効果があると医師が認めた場合に限られます。
  • ※ 医療機関で同じ傷病の治療を受けた場合のはり・きゅうの施術は健康保険扱いとはなりません。
  • 筋麻痺
  • 筋萎縮
  • 関節拘縮
  • ※ 上記症状が認められその改善のため施術が必要と医師が同意した場合に限られます。単に疲労回復の目的などには使えません。

受領委任制度

被保険者が自己負担3割分を施術者に支払い、施術者が7割分を健保に請求する制度。

施術を受けるときの注意

  • ① いつから、どの部分が、どのように痛むのか、具体的に鍼灸・マッサージ師に伝えてください。
  • ② 療養費支給申請書の内容をよく確認して施術を受けた方がご自身で署名または押印してください。
  • ③ 領収書は必ず受け取り、大切に保管してください。
  • ④ 健康保険を使って継続して施術を受ける場合には、6ヵ月ごとに医師の同意が必要です。

手続き

提出書類 :
療養費支給申請書
添付書類 :
保険医の施術同意書
治療内容の記載された領収書(原本)
お願い

健康保険組合では、保険証を使って、はり・きゅう、あん摩・マッサージ・指圧を利用された方に、負傷原因や施術内容について照会させていただく場合があります。保険料を適正に活用するため、ご協力をお願いします。